hostsファイル書き換えによるホームページの確認


静的ページのホームページ確認は、『サイトプレビュー機能によるホームページの確認』にて解説しました通りです。

ここでは、絶対パスで記述されていたり、データベースを利用している等のページの動作確認方法について解説いたします。

この方法により、プログラムにて動作しているページであっても、DNS切り替え前に確認することが可能となります。

   
1. hostsファイルを開く
  アイコン:マイコンピュータ
 

「 マイコンピュータ 」 を開き、アドレスに以下のテキストを入力します。

C:\WINDOWS\system32\drivers\etc

すると、いくつかのファイルが表示されますので、この中にある 「 hosts 」 をWクリックしてください。

※Windows Vistaをご利用のお客様で、エラーが出る場合はこちらをご参照ください。
 

画像:etcフォルダ

 

Wクリックすると、以下のような画面が表示されますので、ここでは 「 Notepad 」 を選択してください。
(TeraPadや秀丸などのテキストエディタでも開けます)

 

画像:プログラムの選択

   
2. hostsファイルの書き換え
 

hostsファイルには、以下のような記述があります。

 

画像:hosts

 

この一番最後の行に、新サーバーのIPアドレスとドメイン名を入力してください。

   
 

【記述例】

 
■お客様情報
ドメイン名 example.com
ホームページURL http://www.example.com
新サーバーIPアドレス 000.000.000.000
   
 

画像:hosts書き換え

 

あらかじめ記述されている文字列には一切触れませんので、くれぐれもご注意ください。

入力しましたらhostsファイルを上書き保存し、ホームページURLにアクセスしてください。

尚、すでに開いているブラウザでアクセスすると、正しく表示されない場合があります。新規ブラウザを立ち上げて、改めてアクセスしてください。

   
3. 新サーバーへのアクセス確認
  上記手順により、お客様のパソコンは再びhostsファイルを書き換えるまでは、新サーバーを閲覧します。
※デフォルトのインデックスページでは、以下アイコンが画面中央に表示されます。
  画像:デフォルトページ
動作確認後に必ず行っていただくこと
 

ホームページ動作確認作業が完了しましたら、上記と同様の手順で追加した文字列を削除した上で、hostsファイルを上書き保存してください

これによりhostsファイルは初期状態に戻り、DNSを切り替えるまで旧サーバーを閲覧します。

前のページへ  
ページの先頭へ   ボタン:ページの先頭へ