WinSCPでのサーバーへの接続

 
1. セッション情報の入力
 

WinSCPを起動すると、新規ログイン情報の設定画面が開きます。

左側のリストが『セッション』であることを確認し、弊社から発行しましたお客様サーバー情報を元に下記の通り入力してください。

 

イメージ:セッション情報

 
セッション
ホスト名 『FTP転送サーバー』を入力してください 例)ftp.sample.ne.jp
ユーザー名 『FTPログイン名』を入力してください 例)s01234567
パスワード 『FTPパスワード』を入力してください 例)XXXX0000
プロトコル
ファイルプロトコル 『FTP』/『SSL 明確な暗号』と入力してください
※他社からのお乗換え及びプラン変更のお客様はIPアドレスを入力してください
【重要】
パスワードは必ずセキュリティ対策を講じたものをご設定・ご変更ください。
パスワードの管理に関しての注意
   
2. 接続の設定
 

左側のリストにあります『接続』をクリックします。

接続の環境設定画面が開きますので、『接続』欄にあります『パッシブモード』にチェックを入れて保存をクリックしてください。

 

イメージ:接続設定

 

セッション情報を保存すると、保存名の登録ダイアログが開きます。
任意でわかりやすい名前を入力して『OK』をクリックすると、入力したセッション情報の保存が完了します。

  イメージ:セッションの保存名
   
3. サーバーへのログイン
 

セッション情報を『保存』すると、保存したセッションのリストが表示されます。作成したセッション名を選択し、『ログイン』をクリックしてください。

※このリストを表示するには、左側のリストにあります『セッション』から『保存したセッション』をクリックします。

 

イメージ:保存したセッション

 

『セッションの保存名』にてパスワードを保存していない場合、パスワード入力を求められますので、入力してください。

パスワード認証後、ログインが開始されます。

 

イメージ:パスワードの入力

 

初回接続時には以下のような『警告』ダイアログが表示されますので、これには『はい』をクリックしてください。

 

イメージ:証明書の警告

 

ログインに成功すると、以下のような画面が表示されます。

データの転送方法は、基本的にドラッグ&ドロップで手軽に行えます。

  イメージ:WinSCPキャプチャ
   
   
 

以上で、WinSCPでのサーバーへの接続は完了です。

その他詳しい使い方につきましては、検索エンジンなどで利用方法を公開しているサイト等を検索し、ご利用ください。

   
ページの先頭へ ボタン:ページの先頭へ